平成28年度 光生会病院 指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞のICD10別患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 - 11 57 63 177 251 370 541 622 232
年齢別退院者数では、人口の高齢化に伴い70歳以上の高齢者が60%と過半数を占めています。90歳以上が10%を占め超高齢者に対する需要が増加傾向にあります。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
100070XX99X000 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。)(末梢循環不全なし。) 手術なし 手術・処置等2 なし 副傷病なし 85歳未満 37 6.27 11.48 2.70 63.73
050130XX99000X 心不全 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 副傷病なし 32 24.59 17.95 9.38 85.25
040081XX99X00X 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2 なし 副傷病なし 27 20.19 21.25 25.93 86.78
0400801499X012 肺炎等(市中肺炎かつ75歳以上) 手術なし 手術・処置等2 なし 副傷病あり A-DROP スコア2 17 26.82 18.71 47.06 87.65
100380XXXXXXXX 体液量減少症 16 13.44 9.33 6.25 87
呼吸器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040081XX99X00X 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2 なし 副傷病なし 26 25.88 21.25 15.38 86.46
050130XX99000X 心不全 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 副傷病なし 12 27.25 17.95 0 85.42
0400801499X002 肺炎等(市中肺炎かつ75歳以上) 手術なし 手術・処置等2 なし 副傷病なし A-DROP スコア2 - - 15.29 - -
0400801499X012 肺炎等(市中肺炎かつ75歳以上) 手術なし 手術・処置等2 なし 副傷病あり A-DROP スコア2 - - 18.71 - -
0400801499X003 肺炎等(市中肺炎かつ75歳以上) 手術なし 手術・処置等2 なし 副傷病なし A-DROP スコア3 - - 17.43 - -
入院診療は、誤嚥性肺炎、心不全の順になっています。このことは高齢者の誤嚥が肺炎の要因となりやすく、対象者が多いことがおわかりいただけると思います。
消化器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010069XX99000X 脳卒中の続発症 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 副傷病なし 70 2.31 9.99 79.04 75.71
060035XX99X00X 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等2 なし 副傷病なし 24 2 7.20 65.96 4.17
060020XX04X0XX 胃の悪性腫瘍 内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術 手術・処置等2 なし 13 6.46 9.02 73 0
01021XXXXX0X0X 認知症 手術・処置等1 なし 副傷病なし 10 2 13.60 70 91.3
150010XXXXX0XX ウイルス性腸炎 手術・処置等2 なし 10 5.9 5.50 58.4 0
消化器科では胃カメラ、大腸カメラ、逆行性胆管膵管造影など内視鏡検査治療に力をいれています。特に大腸カメラは細径内視鏡の使用、鎮静剤の使用を積極的に行ない検査の苦痛軽減に努めています。また食道胃大腸癌の内視鏡治療(ESD)にも力を入れており、大腸ESDも保険診療で行っています。
外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060035XX99X60X 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等2 6あり 副傷病なし 59 4.64 4.48 0 75.42
060330XX02XXXX 胆嚢疾患(胆嚢結石など) 腹腔鏡下胆嚢摘出術等 38 6.58 6.82 0 54.76
040040XX9909XX 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 9あり 32 3 10.76 0 82.06
060335XX02000X 胆嚢水腫、胆嚢炎等 腹腔鏡下胆嚢摘出術等 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 副傷病なし 25 5.6 7.61 0 52.72
060050XX99X30X 肝・肝内胆管の悪性腫瘍(続発性を含む。) 手術なし 手術・処置等2 3あり 副傷病なし 18 5.39 10.87 0 59.33
悪性疾患は増加傾向にある大腸癌、肺癌が多く、また当院が力を入れている肝胆膵悪性疾患は、手術・化学療法を含め積極的に治療しています。
良性疾患としては、胆石、胆嚢縁が多く基本的に腹腔鏡下胆嚢摘出術を施行しています。
整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160800XX01XXXX 股関節大腿近位骨折 人工骨頭挿入術 肩、股等 63 34.94 27.63 61.90 85.10
160690XX99XX0X 胸椎、腰椎以下骨折損傷(胸・腰髄損傷を含む。) 手術なし 副傷病なし 27 25.78 20.57 48.15 85.56
160990XX99X0XX 多部位外傷 手術なし 手術・処置等2 なし 21 22.71 18.35 42.86 85.38
070010XX010X0X 骨軟部の良性腫瘍(脊椎脊髄を除く。) 四肢・躯幹軟部腫瘍摘出術等 手術・処置等1 なし 副傷病なし 15 3.6 5.94 0 48.4
160980XX99X0XX 骨盤損傷 手術なし 手術・処置等2 なし 12 24.17 20.45 41.67 82.42
高齢化社会を反映して、大腿骨周辺部骨折と胸腰椎椎体骨折が多くなっています。
眼科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
020230XX97X0XX 眼瞼下垂 手術あり 手術・処置等2 なし 16 2 3.44 0 74.25
020250XX97XXXX 結膜の障害 手術あり - - 3.40 - -
020320XX97XXXX 眼瞼、涙器、眼窩の疾患 手術あり - - 3.46 - -
010061XXXXX0XX 一過性脳虚血発作 手術・処置等2 なし - - 6.38 - -
020110XX99XXXX 白内障、水晶体の疾患 手術なし - - 2.61 - -
白内障に対する水晶体再建術を施行しています。老化により混濁した水晶体を除去し、眼内レンズを挿入する手術です。安全性を最優先して対象患者を決定し、周術期においては、コミニュケーションを密にして、患者様の不安定感の軽減にも努めております。他に眼瞼下垂手術、眼瞼内反症手術、眼瞼腫瘍摘出手術、翼状片手術、脂肪ヘルニア摘出手術にも対応しております。
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 16 - 15 - - - 1 7
大腸癌 - - 40 - - 40 2 7
乳癌 - - - - - - 1 7
肺癌 - - - - - - 1 7
肝癌 - - - 4 - 15 2 5

※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約

悪性疾患としては疾患頻度の高い胃癌、大腸癌が多く、特に大腸癌は当院では積極的に大腸内視鏡検査をしていることで発見率が上がり増加傾向となってます。
また、肝臓癌も画像診断の進歩に伴い増加傾向となっています。
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症 - 9.6 56.6
中等症 65 19.94 82.8
重症 23 17.13 87
超重症 - 14.56 89
不明
脳梗塞のICD10別患者数等ファイルをダウンロード
ICD10 傷病名 発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
G45$ 一過性脳虚血発作及び関連症候群 3日以内 - 4.33 76.67 0
その他 - 2.5 67.5 0
G46$ 脳血管疾患における脳の血管(性)症候群 3日以内 -
その他 -
I63$ 脳梗塞 3日以内 30 26.37 83.13 43.33
その他 - 20.25 83 100
I65$ 脳実質外動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内 -
その他 - 1 75 100
I66$ 脳動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内 -
その他 -
I675 もやもや病<ウイリス動脈輪閉塞症> 3日以内 -
その他 -
I679 脳血管疾患,詳細不明 3日以内 -
その他 - 15 82 0
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) 12 7.75 7.92 0 69.58
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 - 4.75 25.5 0 84
K654 内視鏡的消化管止血術 - 1 63 50 82
K672 胆嚢摘出術 - 17.5 30 0 74
K0843 四肢切断術(指) 19 18 100 86
消化器科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) 420 0.10 1.55 0 62.85
K7212 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm以上) 14 0.21 1 0 56.64
K533-2 内視鏡的食道・胃静脈瘤結紮術 13 0.77 5.38 0 71.54
K6532 内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術(早期悪性腫瘍粘膜下層) 13 0 5.46 0 73
K664 胃瘻造設術(経皮的内視鏡下胃瘻造設術、腹腔鏡下胃瘻造設術を含む) 10 5.7 31.5 100 84.4
外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 67 2.18 3.57 0 53.21
K6335 鼠径ヘルニア手術 43 0.05 3.56 0 61.79
K6113 抗悪性腫瘍剤動脈内持続注入用植込型カテーテル設置(頭頸部その他) 14 0.79 4.64 0 63.07
K672 胆嚢摘出術 14 6 23.14 0 74.29
K7181 虫垂切除術(虫垂周囲膿瘍を伴わないもの) 13 0.31 4.62 0 38.08
当院は肝胆膵外科疾患に力を入れており、胆石症、胆嚢ポリープ等にたいする腹腔鏡下胆嚢摘出術を積極的に行っています。また、鼠径ヘルニア、急性虫垂炎等疾患頻度の疾患にも対応しています。
悪性疾患のStageⅢ・Ⅳの進行・再発、進行消化器癌に対して化学療法を含めた集中的治療を安全に行う目的でリザバーカテーテル留置を行っています。
整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0461 骨折観血的手術(大腿) 40 2.45 32.63 60 86.7
K0811 人工骨頭挿入術(股) 22 5.23 27.91 54.55 81.64
K0301 四肢・躯幹軟部腫瘍摘出術(躯幹) 10 0.1 3.2 0 53.6
K0462 骨折観血的手術(前腕) 10 2.8 22.6 0 72.6
K0821 人工関節置換術(膝) - 2.83 32 0 72
眼科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K2191 眼瞼下垂症手術(眼瞼挙筋前転法) 13 0 1 0 72.54
K2821ロ 水晶体再建術(眼内レンズを挿入する場合)(その他) 11 0 2 0 78.36
K224 翼状片手術(弁の移植を要する) - 0 1 0 74.57
K2172 眼瞼内反症手術(皮膚切開法) - 0 1 0 72.8
K2193 眼瞼下垂症手術 その他のもの - 0 1 0 78.75
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 -
異なる 5 0.22
180010 敗血症 同一 1 0.04
異なる 3 0.13
180035 その他の真菌感染症 同一 -
異なる -
180040 手術・処置等の合併症 同一 6 0.26
異なる 1 0.04
当院では緊急医療も積極的対応しており、肺炎、多臓器不全等で、重症患者に対応する関係上、播種性血管凝固症候群、敗血症などを合併する患者さんが見られ集中的治療を行っています。手術に起因する合併症は0.04から0.26%と低いですが、さらに0を目指しています。
更新履歴
2017/10/01
初回公開
2017/11/06
追記

お問い合わせ

看護部門紹介

人間ドッグのご予約