お問い合わせ

看護部門紹介

人間ドッグのご予約

整形外科

医師紹介

米川 正洋 整形外科第一部長

略歴
・平成2年  福井医科大学医学部医学科卒
・平成3年  一宮市立市民病院
・平成6年  県立愛知病院
・平成9年  米田病院
・平成10年 名古屋大学医学部付属病院
・平成12年 県立愛知病院
(平成17年  愛知県がんセンター愛知病院に名称変更)
・平成18年 愛知県がんセンター愛知病院 整形外科部長就任
・平成19年 光生会病院
・平成23年7月  〃  副院長 第一整形外科部長
資格
・医学博士
・日本整形外科学会 専門医
・日本整形外科学会 脊椎脊髄病医
・日本整形外科学会 運動器リハビリテーション医
・日本整形外科学会 リウマチ医
専門
・骨軟部腫瘍

骨軟部腫瘍を専門的に診療する整形外科医は少なく、愛知県内では、大学病院とがんセンターくらいしかありません。私は以前、岡崎のがんセンターに勤めていましたが、豊橋を含む東三河地域の方も数多く紹介されました。患者さん方は遠方のため通院や入院にかなり不自由されていたと思います。 最期を自宅近くで迎えたいと希望された方がいて紹介状を書きましたが、どこも引き受けてもらえないこともありました。悪性腫瘍の治療には集学的治療が必要とされ、大掛かりな手術や放射線治療など当院では十分できないこともありますが、骨軟部腫瘍診療の大部分を占める良悪性診断と良性腫瘍の治療、悪性腫瘍治療後の定期健診、一部の化学療法、緩和ケア、最期の看取り等はできると思います。 もとより微力ではありますがこれらを自分の職務として専心努力する所存ですのでよろしくお願いします。

診察内容


新手術室のご紹介

年度別手術実績

20年度 21年度 22年度 23年度 24年度 25年度 26年度 27年度 28年度
総手術数 128 184 191 227 263 228 254 209 231
(主な手術)
・骨接合術 35 54 53 75 89 71 88 81 79
・人工骨頭挿入術 6 11 15 7 10 16 18 20 23
・人工関節置換術 10 19 5 15 13 9 13 10 7
・骨軟部腫瘍切除術
(悪性)
31
(4)
36
(2)
37
(7)
55
(4)
53
(9)
41
(7)
61
(4)
51
(0)
46
(2)

Q&A

Q、痛くてもなるべく動かしたほうがいいですか?
A、無理に動かすとひどくなることもあります。リハビリ科で適切な運動をアドバイスいたします。
Q、ぶつけたおぼえがないのに手首が痛みます。
A、指の使いすぎによる腱鞘炎の可能性があります。固定したり、痛み止めを用いて治療します。
Q、以前、リウマチで病院にかかったときは治らなかったのですが。
A、新しい治療法や薬のおかげで、痛みが改善された方は大勢います。あきらめずご相談ください。
Q、年をとると骨がもろくなるって本当ですか?
A、年齢とともに骨量が減り、骨が折れやすくなります(骨粗鬆症)。まず、骨の状態を調べて、食事や薬で予防することが大切です。
Q、骨の検査はどのくらいの間隔でしたほうがいいですか?
A、年齢や病状で異なりますが、一度検査して正常値だった方も、2~3年に一度検査したほうがいいです。
Q、こどもが足をいたがるのですが、成長痛でしょうか?
A、成長痛の場合もありますし、運動などによる障害の場合もあります。一日でおさまる場合はまず心配ありませんが、数日続くようでしたら、受診してください。
Q、膝に水がたまっているといわれましたが、抜かないとだめですか?
A、膝に障害が起こると、水が異常にたまります。水は治癒を遅らせるので、抜いたほうがいいです。
Q、手足のしびれは治りますか?
A、しびれは完治が難しい病気ですが、ビタミン剤の内服、腱鞘内などの注射、リハビリ治療などで軽減できます。早めの診断、治療が大切です。
Q、腰痛はどうして起こるのですか?
腰痛は次の理由などで起こります。
・筋肉や骨・靭帯の異常
・体型や姿勢
・腎臓や膀胱の病気
・消化器の病気
ほかっておくと慢性の腰痛になることがあります。痛みがしばらく続いたり、しびれを伴うようでしたら、ご相談ください。

診察時間

診療時間の詳細は外来医師診療時間のページでご覧下さい