経鼻内視鏡

経鼻内視鏡

吐き気が起きにくい
口からの内視鏡では舌のつけ根を通るため、吐き気をもよすことがあります。
鼻からの内視鏡では、スムーズに食道を通るため、吐き気をほとんど感じずに検査できます。
負担が少ない
先端は4.9mmと従来の内視鏡と比べ、大変細くなっています。空気による腹部の膨満感もありません。
会話が出来る
検査中も医師と会話ができます。疑問点や不快感のあるときは遠慮なくお話ください。

お問い合わせ

看護部門紹介

人間ドッグのご予約