お問い合わせ

看護部門紹介

人間ドッグのご予約

s

Q&A

Q&A(被曝について)

1.PET-CT検査に危険性はありますか?

PET-CT検査ではポジトロン核種を標識した薬(FDG)を使用するので、わずかですが放射線被ばくがあります。しかし、ごく小量なため、急性の放射線障害が起こる可能性はいっさいありません。また、将来のがん発生の可能性もありません。しかも、FDGは一日経つと体内にほとんど残りません。

1)PET-CT検査に危険性はありますか?


2.PET-CT検査は健康保険で受診できますか?

早期の胃がんを除く悪性腫瘍の場合、保険の適応となります。ただし、『他の検査、画像診断により病期診断、転移・再発の診断が確定できない患者に使用する』という条件を満たした方に限ります。  
また、受診には主治医の先生からの紹介状が必要となりますので、主治医または光生会病院医師とご相談のうえ、検査をお受け下さい。


3.転移したがんはわかりますか?

PET-CT検査は一度の検査で全身を検索できますので、がんの転移を発見するのにたいへん役立ちます。転移のあるなし、範囲によって治療法が変わりますので、PET-CT検査は有用です。


4.PET-CT検査はがんの治療にも使われるのですか?

PET-CT検査は転移の発見や治療後の経過観察にも有用です。光生会病院では各医療機関の先生方のご依頼に基づき、治療中・治療後のPET-CT検査も実施いたします。


5.腫瘍が見つかった場合はどうなりますか?

必要な検査を追加して、専門医による治療を行う必要があります。がんの種類に応じて、適切な医療機関へご紹介いたします。早期大腸癌は光生会 消化器内視鏡センターで、お腹を切らずに切除できます。


6.PET-CT検査はどうしてこんなに高額なのですか?

光生会病院の検査料金は厚生労働省が定めた「保険診療報酬」を基準にしています。PET-CT検査の診療報酬は86,250円と定められています。さらに「初診料」「核医学診断料」などの料金が加算されるため、高額となります。

PET-CT


7)健診後に宿泊できる施設はありますか?

はづグループとも提携しておりますので、健診前後は温泉や露天風呂でゆっくり過ごしていただくこともできます