お問い合わせ

看護部門紹介

人間ドッグのご予約

s

PET-CTについて

PETの原理

PETの原理

がん細胞は正常細胞より増殖が盛んで、一般的に正常細胞に比べ3~20倍の糖分(ブドウ糖)を取り込む性質があり、PET検査ではこの性質を利用します。  
PET検査で使われるFDGとは、ブドウ糖に目印(ポジトロン)を合成した薬です。この薬を注射し、多く集まる部分をPETで調べることにより、がん細胞を発見します。FDGは微量の放射能を出しますが、半減期(寿命)が短いため、体の中からすぐになくなります。  

PETは機能を捉えて画像化するために、CTやMRIのように解剖学的な情報がほとんどありません。つまり、がんを発見しても、それがどの臓器であるかの判断は難しい場合もあります。  
この欠点を補うためにPET装置とCT装置を合体させたのがPET-CTなのです。

PET-CTのメリット

がんがどこの部位にあるかはっきり分かる

CT画像
CT画像
の部分に腫瘍らしきものが写っているのはわかりますが、何であるかは判断できません。
の部分はほとんど分かりません。
PET画像
PET画像
の部分が黒く大きく集積しているのが分かります。
の部分にも小さな集積がありますが、リンパ節なのか、骨なのか、はっきり分かりません。
Fusion画像
Fusion画像
の部分がリン節であることがはっきり分かりパます。

良性・悪性の判断ができる

CT画像
CT画像
左肺下葉()に比較的大きな腫瘍があります。この画像だけでは良性か悪性か判断できないので、手術が必要となります。
PET画像 Fusion画像
CT画像
に集積がないため、良性の腫瘍と分かり、経過観察していたところ、ほぼ1ヶ月後には消失していました。PETのおかげで必要の無い手術を行わなくてすみました。

転移しているがんを発見できる

CT画像
CT画像
右肺()に大きな腫瘍があります。その他の臓器には異常はみられず、自覚症状もありませんでした。
PET画像 Fusion画像
CT画像
左脳()に異常集積があり、肺がんが脳に転移腫瘍していることが分かりました。 早期発見できたため、大事に至りませんでした。

全身を一度に検査できる

いままでの検査方法では部位ごとでしか検査できませんでした。しかし、PET検査であれば一度に短時間の検査で全身を調べることができ、全身のあらゆるがんを早期発見可能です。さらに光生会病院では他の検査を組み合わせることによって、PETで見つけにくいがんも見逃さない検査体制をとっています。

PET検査実績

年度 保険診療 自費診療 DPC PET健診 総数
H19年度 546 31 3 371 951
H20年度 525 32 15 378 950
H21年度 284 89 12 361 746
H22年度 601 61 5 390 1057
H23年度 608 42 2 334 986
H24年度 627 28 6 269 930
H25年度 477 14 3 403 897